このビデオまだまだ再生回数は少ないですが、IPEVO Visualizerを使って書籍等を非破壊自炊、PDF化することに興味に興味を持っていただける方が多いと感じております。手順をご理解いただくまで、ビデオの一時停止を繰り返しながら自炊をするのはかなり面倒だと思いますので、このビデオの内容を一部補足しつつ説明していきます。

まず、自炊に必要な物は以下の3つです。
・PDF化する書籍や雑誌など
・IPEVO Visualizer(無料)がインストールしてあるコンピューター(WindowsまたはMac)
・USBカメラ(動画内ではIPEVOの書画カメラを使用していますが、一般的なWebカメラも利用可能です。)

IPEVO Visualizerをインストールしていない方は、以下からダウンロードしてインストールしてください。
https://www.ipevo.jp/software/download/detail/Visualizer


ステップ1
インストールしたIPEVO Visualizerを立ち上げてください。

00000553


ステップ2
解像度を最高にしてください。(現在販売中のIPEVO書画カメラの場合は3264x2448です。)
00000554


ステップ3
下部のメニューを開き、スキャンドキュメントを選択してください。
00000555


ステップ4
アスペクト比のメニューから四角内に1、2と書かれている物を選んでください。スキャンする書籍が右開きの場合は左側が2、右側が1のものを、左開きの場合は左側が1、右側が2のものを選んでください。
00000556


ステップ5
撮影範囲を調節します。半透明の水色の四角が撮影範囲です。四隅をドラッグして移動して範囲を決定してください。点線は本の中心部分に合わせてください。
00000557


ステップ6
PDFアイコンをクリックしてください。PDFドキュメント化が開始されます。
00000558


ステップ7
スペースキーを押してください。現在ページをスキャンします。続いてページをめくり本の中心と撮影範囲を合わせ、スペースキーを押してスキャンします。これを全ページのスキャンが終わるまで繰り返します。
00000559


ステップ8
PDFアイコンを再度クリックしてください。PDFドキュメント化が終了しPDFファイルが保存されます。
00000560


これ書いている2019年5月時点でPDF化した書籍、雑誌の個人使用は違法では無いようですが、インターネット上に公開したりすることは著作権の侵害に該当する場合があります。当機能で作成したPDFが著作権の侵害することがないよう、ファイルのお取り扱いにはご注意いただければ幸いです。何卒宜しくお願い致します。