米国で先行発売しているIPEVO VZ-X Wireless/HDMI/USB 800万画素書画カメラ(以下、VZ-X)を日本でも発売しました。

2018-09-26_1219

VZ-Xの一番の特徴はワイヤレス(Wi-Fi)、HDMI、USBの3つ方法で映像を出力することができることです。これによりPC、テレビに加えてタブレットやスマートフォンなど、身の回りに存在するほぼ全ての液晶画面で、VZ-Xで撮影した画像を見ることが可能になりました。

それでは一つ一つ説明していきます。


VZ-X_descript_01-1

Wireless(Wi-Fi):Wi-Fiを使って、ワイヤレスでタブレット、スマートフォン、コンピューター等の機器を接続するモードです。タブレットやスマートフォンで書画カメラの映像にアクセスする場合、有線での入力はできませんが、Wi-Fiを使って映像を送ることができます。他にもノートPCやWi-Fiで接続ができるデスクトップPCにもWi-Fiで接続することができます。VZ-Xは充電池を内蔵しているので、このモードを利用の場合は、完全にコードレスで運用することができます。電池の持続時間も9時間以上あり、朝から晩までの授業で使う場合でも、電池切れの心配はありません。


※VZ-XとPC、タブレット、スマートフォンをWi-Fiで接続した場合、Wi-Fiを使ってのインターネット接続はできません。ご注意ください。


VZ-X_descript_03-1-jp

HDMI:HDMIケーブル(別売)を使ってテレビやプロジェクター、PCモニタと接続するモードで、コンピューターは必要なく直接テレビ等と接続できます。VGA入力がモニターにはHDMIをVGAに変換するアダプターを使えば接続可能です。録画等のソフトウエアの機能は使えませんが、簡単に使用できるだけなく、準備や片付けも簡単です。


※HDMIをVGAに変換するアダプターの利用は理論上可能です。実際には相性の問題がございます。相性問題が発生した場合、弊社は保証しかねます。恐れ入りますが、予めご了承下さい。


VZ-X_slide-01

USB:USBケーブルでコンピューター(Windows、Mac、Chromebook)と接続するモードです。弊社の無料書画カメラ用ソフトウェアIPEVO Visualizerだけでなく、他社製のソフトウェアで動作する書画カメラとしてVZ-Xをお使いいただけます。3つモードの中で当モードの解像度が一番高く、IPEVO Visualizer上ではホワイトバランスなどの様々な微調整も可能です。

VZ-X_descript_11-1

本体のボタンには、画像の回転、フィルタ、露出調整、フォーカスなどの映像の調節をする機能が割り振られています。ボタン押すだけでなので、画像調節のため授業やプレゼンテーションを中断する時間が短く、話のテンポを保つことができます。書画カメラとしては最高クラスの800万画素のカメラを搭載しているので、画質にもご満足いただけると思います。


以上、VZ-Xの紹介でございました。


VZ-XはAmazon.co.jpでご購入いただけます。弊社(店名:IPEVO LLC)の店舗でご購入いただいたお客様にはご購入日から一年の保証がございますので、ご購入される方は是非当店でお求めください。VZ-X(IPEVO LLC)


どうぞよろしくお願いいたします。