某有名大学の大学院(博士課程)に在籍する学生さんによるZiggi-HD Plusのレビューを紹介いたします。この方は古文書を撮影してデータ化する目的でZiggi-HD Plusを使っています。同様の目的でZiggi-HD Plusのご購入の方にご参考にしていただきたい内容です。

なお、レビューの最後に「* PDF にしてみたところ,若干写真の画質が劣化してしまったことを付言しておく。普通に見ている上では,全く問題なく鮮明にみることができる。」とありますが、このブログにする際にさらに画質が落ちたように思えます。

Ziggi-HD Plusでは最高約800万画素(3264 x 2448)での記録が可能ですが、プログ上の画像は最も大きな画像でも約28万画素(606 x 454)と大きな差がございます。 画像はあまり参考になりません。ご了承ください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
IPEVO IZIGGI HD PLUS 試用記
白雲春水
 
 この度は IPEVO 社による協力を得て上記機種のレビューを行わせていただくことと相
なった。
 まずは, IPEVO の私の個人的な主要使用目的を挙げる。
 
    【主要使用目的】
     1 ,写本・版本等の調査
     2 ,研究会での OHC としての使用

 今回は1 の目的を主として,試用をおこなう。通常の資料調査では撮影を許可された場
合,デジタルカメラでの撮影を行う事が多いが,デジタルカメラでは一枚一枚被写体との
距離を異にしてしまうため,資料の写真の中でのサイズが異なってしまう, という弱点が
あった。そこで, 今回は IPEVO による資料の定点撮影ということにチャレンジしてみた
い。
 本レビューでは,著作権や権利がややこしくないように,報告者所蔵の刊本を用いるこ
ととする。
 使用するのは以下の四種。
 
    1, 明版『古今振雅雲箋』
    2, 嘉慶版『尚書正義』
    3, 光緒版『鄭志疏証』
    4, 和刻本『古文尚書標注』
 大ざっぱに言って, 1はおよそ1600 年頃,2は1800 年頃,3は1900 年頃,4 は江戸時
代の出版である。
 チェックポイントは以下の通り。
 
    1, とじ目に近い部分のたわんだ部分が判読可能か
    2, 双行注が判読可能か
    3, 鼇頭注が判読可能か
    4, 訓点が判読可能か
    5, 書入れが判読可能か

 撮影環境については,
   使用PC:マックブックAir(OS10.9.5)
   照明:通常の蛍光灯下
   高さ:製品の入っていた段ボールの上に,当機をおいて全体が写るように調整


 【1,明版『古今振雅雲箋』】
 明の徐渭の撰にかかる尺牘集。明末の本。
【全体写真】
1

 【右上鼇頭注拡大写真】
2


【2,嘉慶版『尚書正義』】

 唐の孔穎達の撰。本レビューで用いるのは清朝の阮元が整理したもの。

【全体写真】 
1

 【拡大写真】
 3



【3,光緒版『鄭志疏証』】
 後漢鄭玄とその弟子の問答集。それを清末の皮錫瑞が整理し注釈を加えたもの。
【全体写真】
1
 

 【拡大写真】
2

 
 【4,古文尚書標注】

 日本で出版された尚書の注釈書。

【全体写真】
1

【左側鼇頭注写真】
2

【左側双行注写真】
3


 写真による検証は以上の通り。
 それぞれチェックポイントについてみてみれば次の通り。
 
   1, とじ目に近い部分のたわんだ部分が判読可能か
     →3の拡大写真から判読可能なことを確認
   2, 双行注が判読可能か
     →2・3 ・5の拡大写真から判読可能なことを確認
   3, 鼇頭注が判読可能か
     → 1・5の拡大写真から判読可能なことを確認
   4, 訓点が判読可能か
     →5の拡大写真から判読確認な事を確認
   5, 書入れが判読可能か
     →今回の本には書入れ存在せず

 以上のように,版本調査用の写真撮影としては問題なく使用可能なことがわかった。
 また,本機は連続撮影が可能であるため,紙をめくりながらの定点撮影ができて非常に
便利である。
 ただし注意点を挙げれば,
    1 ,最高画質で写真を撮った場合,実際の動きと画面との間に三秒ほどのラグが
      生じるので, 連続撮影する場合, それを見越しての動きが必要。具体的には
      十秒から十五秒の間隔での撮影が必要。
    2 ,ラグの影響で, 定点撮影の定点を決めるのに,対象物が写るまでの時間をロ
      スする。
 と言ったことが挙げられ,ラグについては注意をしなければいけないところである。

 以上,総じてみれば,充分に有能な機械であり, 今後も積極的に本機を使用して活きた
いと考えている。

 末言にはなるが,ご協力いただいたIPEVO 社にはあつくお礼を申し述べたい。

 * PDF にしてみたところ,若干写真の画質が劣化してしまったことを付言しておく。
  普通に見ている上では,全く問題なく鮮明にみることができる。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------